痩せ菌でお腹スッキリ腸美人♪痩せ菌ダイエット

痩せ菌ダイエットとは

同じような食事をしていても、太っている人と痩せている人がいますよね。そんなに食べすぎたわけでもないのに太ってしまう人がいる一方で、たくさん食べても全く太らず痩せた体形をキープできる人もいるのです。本当にうらやましい限りですよね。

この違いは何なのでしょうか?

実は、最近の研究で、腸内細菌叢(ちょうないさいきんそう)、いわゆる腸内フローラが「痩せ型」であるか「肥満型」であるかによって体形が変わってくることがわかってきたのです。

腸内フローラというのは、腸内に住む数百種類もの細菌群がお花畑(フローラ)のように見えることからそう呼ばれています。

「痩せ型」は痩せ型腸内細菌、いわゆる「痩せ菌」が多い腸内フローラ、「肥満型」は肥満型腸内細菌、いわゆる「デブ菌」が多い腸内フローラということです。

アメリカのワシントン大学の研究により、痩せたマウスと太ったマウスの腸内フローラを調べたところ、痩せたマウスの腸内フローラは「痩せ菌」が多く太ったマウスの腸内フローラは「デブ菌」が多かったことが報告されています。そして、人の腸内フローラも同じ傾向であることがわかっています。

肥満の人に食事の指導をしてダイエットさせ腸内フローラを調べたところ、痩せた人の腸内フローラに近づいたという報告もされています。

つまり、痩せ菌ダイエットは、デブ菌を減らし痩せ菌を増やして腸内フローラを「痩せ型」にすることで痩せ体質に変えていくダイエットなのです。

痩せ型の腸内フローラとは?

では、どのような腸内フローラが痩せ型なのでしょうか。

腸内細菌は善玉菌・悪玉菌・日和見(ひよりみ)菌の3つに大きく分けられます。日和見菌というのは、腸内環境が善玉菌優勢であれば善玉菌に味方し、悪玉菌優勢であれば悪玉菌に味方する中間勢力の腸内細菌です。痩せ菌・デブ菌と言われている菌はこの日和見菌に属しています。

痩せ菌と呼ばれているのはバクテロイデス門の菌で、食物繊維から酪酸や酢酸、プロビオン酸などの短鎖脂肪酸を作り出します。短鎖脂肪酸は余分な栄養分を体外に排出する働きがあります。その他にも、血液に運ばれて体脂肪を分解し脂肪燃焼する働きや腸のぜん動運動を助ける働きをします。

デブ菌と呼ばれているのはファーミキューテス門の菌で、栄養分を身体に吸収しやすいように分解する働きをします。

理想的な腸内フローラにおける腸内細菌の割合は、善玉菌:悪玉菌:日和見菌=2:1:7と言われています。さらに、痩せ菌:デブ菌=6:4の状態が最も理想的な痩せ型の腸内フローラの状態です。どの腸内細菌にも役割があるので、バランスが大切です。

腸内フローラを整えるには?

赤ちゃんの時の腸内フローラは善玉菌優勢ですが、年齢とともに悪玉菌は増加していきます。食生活や生活習慣によっても腸内環境は変化していきます。

デブ菌を減らし、痩せ菌を増やして腸内フローラを整えるには、食生活や生活習慣が大事になってきます。デブ菌が好む脂質の多い食べ物を控えめにして、痩せ菌が好む食べ物を増やすように心がけてみましょう。

痩せ菌を増やす食品

・味噌や納豆、ぬか漬け、ヨーグルトなどの発酵食品

発酵食品には乳酸菌や酪酸菌、ビフィズス菌などが多く含まれており、腸内フローラを整えてくれます。

・ラッキョウ、玉ねぎ、海藻類、キノコ、野菜、大豆などの食物繊維を多く含む食品

食物繊維は痩せ菌のエサになり、分解されて短鎖脂肪酸を多く作り出します。

・酢

酢には短鎖脂肪酸である酢酸や、痩せ菌・善玉菌のエサとなるグルコン酸が多く含まれています。また、腸内を弱酸性に保つことで善玉菌の活動を活発にしてくれます。

・オリゴ糖、はちみつ

痩せ菌や善玉菌のエサになり、腸内フローラを整えてくれます。また、便をやわらかくして便通を促す効果も期待できます。

痩せ菌を増やす生活習慣

腸内フローラを整えて良い状態を維持するためには、しっかり排便することが大切です。便が長い間腸内に留まってしまうと、デブ菌や悪玉菌が増える原因になってしまいます。

・よく噛んでゆっくり食べる

簡単なことのようですが、なかなかできてないのが実情です。よく噛まずに食べ物を飲み込んでしまうと、消化するのに時間がかかり、胃腸に負担がかかってしまいます。消化不良のままの食べ物が腸に入ると、腸の中でガスが発生しやすくなりお腹が張る原因にもなります。

よく噛んでゆっくり食べることで、胃腸の働きをスムーズにする他、満腹中枢を刺激して食べ過ぎを防ぎます。

・しっかり寝る、朝食を食べる

早寝早起きをすることで自律神経が整い、基礎代謝が上がります。また、朝食を食べることで腸がしっかり動き出し、排便を促します。

・寝る前に食べない

寝ている間に胃の中に食べ物が残っていると、眠りが浅くなり自律神経が乱れるもとになってしまいます。夕食はなるべく早めに済ませて胃の中を空にして眠りましょう。

仕事でどうしても食べる時間が遅くなってしまう場合は、なるべく消化しやすい食べ物を食べるようにしましょう。

・体を動かす、マッサージをする(特にお腹周り)

身体を動かさずにいると、筋肉も凝り固まってしまうし腸の動きも悪くなってしまいます。体を左右にねじったり、おへその周りを手のひらで時計回りにぐるぐるとマッサージすることで腸を刺激し、ほぐすことができます。仕事の合間の気分転換やリラックスタイムにやってみてはいかがでしょうか?

痩せ菌ダイエットにおすすめのサプリ

最近では、デブ菌を減らして痩せ菌を増やしてくれる効果のあるサプリメントがたくさん出ていますので、サプリメントを上手に使えばより手軽に痩せ菌ダイエットに取り組むことができます。

痩せ菌ダイエットにおすすめのサプリをいくつかご紹介します。

○LAKUBI

・主な成分・・・酪酸菌、ビフィズス菌B-3、植物性キトサン、サラシアエキス、オリゴ糖

・通常価格・・・3,800円(公式サイトにて定期モニターコースあり、初回300円、2回目以降2,740円、3ヶ月以上)

・おすすめポイント

余分な吸収を抑えてくれる短鎖脂肪酸を作り出す酪酸菌、腸内フローラを整える働きをするビフィズス菌・植物性キトサン、痩せ菌をサポートしデブ菌を抑えてくれるサラシアエキス・オリゴ糖を配合しており、トータルで腸内フローラを整える働きをしてくれます。

これだけの内容で通常価格3,800円なのでコスパが良いです。

〇KOMBUCHA生サプリメント

・主な成分・・・酪酸菌、22種の乳酸菌<100億個>、357種類の生酵素、酵母菌、オリゴ糖、ダイエットに効果的な成分10種、美容成分のコラーゲン、プラセンタ、ヒアルロン酸など

・通常価格・・・5,300円(初回980円モニターコースあり、2回目以降は3,970円、4ヶ月以上)

・おすすめポイント

KOMBUCHAは、ダイエットに効果のある酵素や酵母を多く含む発酵飲料で、別名「紅茶キノコ」と呼ばれています。昆布茶ではないですよ(笑)

KOMBUCHA357種類もの生酵素乳酸菌、他にもダイエットに効果的な成分美容成分を何種類も、一粒に凝縮した贅沢なサプリです。熱や胃酸に弱い菌たちを生きたまま腸に届ける特殊なカプセルを使用しています。

○くろしろ

主な成分・・・活性炭、ブラックジンジャー、生酵素238種、生酵母、生麹

・通常価格・・・7,980円(公式サイトにて定期モニターコースあり、初回500円、2回目以降4,980円、4ヶ月以上)

おすすめポイント

活性炭のデトックス・代謝アップ効果、ブラックジンジャーの脂肪燃焼サポートがうれしい痩せ菌サプリ。10種類もの乳酸菌が腸内フローラを整え、生酵素・生酵母・生麹が体内の酵素を増やし、食べ物の消化・吸収を助けます。

まとめ

腸内環境を整えて痩せ体質に変えていく痩せ菌ダイエット。ダイエット効果の他にも、肌がきれいになったり、アレルギーや花粉症が改善したり、病気を予防したりする効果もあるようです。からだの中からきれいになるので、とても健康的なダイエットだと思います!

サプリも上手に活用して、スッキリ腸美人を目指しましょう♪

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする